目的来店と機会来店を理解して売上アップを実現する方法とは?

飲食店の経営において、集客は常に大きな課題です。
そのためには「目的来店」と「機会来店」を理解し、それぞれに適した戦略を立てることが重要です。
この記事では、大阪の飲食店経営者やこれから飲食店を始めようとしている方々に向けて、目的来店と機会来店の違いと、それを活かした売上アップの方法について詳しく解説します。

目的来店とは?基本の定義

目的来店とは、特定の目的を持って来店するお客様のことを指します。
例えば、特定のメニューを食べに来る場合や、特定のイベントに参加するために来る場合がこれに当たります。
目的来店の特徴は、お客様が明確な動機を持っているため、リピート率が高く、売上に安定性をもたらすことです。

具体的な例として、季節限定の特別メニューや、特定の日にしか提供されない料理を目当てに来店するお客様が挙げられます。
目的来店は、リピーターを増やすための重要な要素となります。

機会来店とは?その意味と例

機会来店とは、特定の目的がなく、偶然の機会を利用して来店するお客様のことを指します。
例えば、買い物の途中で立ち寄ったり、友人との待ち合わせ場所として利用する場合などがこれに当たります。
機会来店の特徴は、突発的であるため、来店の頻度や時期が予測しづらい点です。

具体的な例としては、ショッピングモール内の飲食店や、繁華街のカフェなどが挙げられます。
これらの店は、立地の良さを活かして機会来店を増やすことが重要となります。

目的来店のメリットとは?

目的来店には多くのメリットがあります。
まず、明確な目的を持って来店するため、お客様の満足度が高く、リピート率が向上します。
また、目的来店は高単価商品の販売にもつながりやすく、売上の安定性を確保することができます。

例えば、特別なイベントや季節限定メニューを提供することで、お客様にとっての「目的」を作り出すことができます。
これにより、顧客のエンゲージメントを高め、売上の増加につながります。

機会来店の利点とその活用法

機会来店には、その突発性を活かした利点があります。
新規顧客の獲得に役立つだけでなく、店舗の認知度を広げる効果もあります。
特に、繁華街や観光地に位置する店舗では、機会来店を増やすことが売上向上に直結します。

具体的な施策として、店舗の外観や看板を目立たせること、SNSを活用して店舗の魅力を発信することなどが挙げられます。
これにより、立ち寄りやすさをアピールし、偶然の来店を誘発することができます。

ターゲット分析の重要性

ターゲット顧客の分析は、目的来店と機会来店の両方を効果的に活用するために不可欠です。
ターゲット顧客のニーズや行動パターンを理解することで、それぞれに適したマーケティング戦略を立てることができます。

例えば、目的来店を増やすためには、特定のメニューやイベントを定期的に提供することが効果的です。
一方、機会来店を増やすためには、店舗の立地や外観、プロモーション活動を強化することが求められます。

目的来店を増やす具体策

目的来店を増やすためには、以下の具体的な施策が考えられます:

  1. 明確な目的を持たせるメニュー作り:季節限定メニューや特別な料理を定期的に提供し、お客様にとっての目的を作り出します。
  2. イベントやプロモーションの企画:特別なイベントやプロモーションを企画し、お客様に新たな来店動機を提供します。
  3. 常連客向けの特典やサービスの提供:ポイントカードや会員制度を導入し、リピーターを増やします。

これらの施策により、目的来店の数を増やし、売上の安定性を向上させることができます。

機会来店を促進する方法

機会来店を増やすためには、以下の具体的な施策が考えられます:

  1. 見込み客を惹きつける外観や看板:目立つ看板や魅力的な外観で、偶然通りかかった人々の注意を引きます。
  2. SNSや口コミを活用したプロモーション:インスタグラムやフェイスブックなどのSNSを活用し、店舗の魅力を発信します。
  3. 一見客を常連客に変える接客術:初めて来店したお客様に対して、親切で丁寧な接客を行い、再来店を促します。

これらの施策により、機会来店の数を増やし、新規顧客の獲得につなげることができます。

成功事例:目的来店の戦略

ここでは、目的来店を増やすための成功事例をいくつか紹介します。

例えば、ある大阪の飲食店では、季節ごとに特別メニューを提供し、定期的に料理教室やワインテイスティングイベントを開催しています。
これにより、リピーターが増え、売上の安定性が向上しました。

成功のポイントは、常にお客様に新しい体験や価値を提供することです。
これにより、目的来店の数を増やし、長期的な売上の増加につなげることができます。

機会来店の成功事例紹介

次に、機会来店を増やすための成功事例をいくつか紹介します。

例えば、ある繁華街のカフェでは、インスタグラムで店舗の写真や特別メニューを定期的に投稿し、フォロワーを増やしています。
また、店頭に目立つ看板を設置し、偶然通りかかった人々の来店を促しています。

成功のポイントは、視覚的なアピールとSNSを活用したプロモーションです。
これにより、機会来店の数を増やし、新規顧客の獲得に成功しています。

来店パターンの見極め方

最後に、来店パターンの見極め方について解説します。
データ分析を活用することで、目的来店と機会来店のパターンを把握し、それに基づいて戦略を最適化することができます。

具体的には、POSシステムを活用して売上データを分析したり、アンケートを通じて顧客のニーズを把握したりする方法があります。
また、Google Analyticsを使ってウェブサイトの訪問者データを分析することも有効です。

これらの方法を活用することで、来店パターンを把握し、それに基づいて戦略を最適化することができます。

まとめ

目的来店と機会来店を理解し、それぞれに適した戦略を立てることは、飲食店の売上アップに直結します。
これらの来店パターンを活用するためには、ターゲット顧客の分析や具体的な施策の実行が不可欠です。

この記事を参考に、目的来店と機会来店の理解と活用を進め、売上アップを実現していただければ幸いです。
継続的な改善と顧客満足度向上を目指して、成功への道を歩んでください。

飲食店コンサルティングのご案内

株式会社Chef’s Roomでは飲食店のコンサルティングサービスを行っております。
「飲食店の売上を上げるにはどうすればいいかわからない」「飲食店経営にかかる数字が分からない」など、一度は悩んだことのある方はぜひ弊社のサービスをご活用ください。
お問い合わせは公式ラインからお気軽にご連絡ください。

公式ラインはこちらから


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です