最新版 コロナ明けのインバウンド動向調査

はじめに

新型コロナウイルスのパンデミックが飲食業界に与えた影響は甚大でしたが、今や世界は徐々にその影響から立ち直りを見せています。
この記事では、コロナウイルス流行後のインバウンド市場の現状とその飲食店への影響を詳しく掘り下げます。

コロナ前とコロナ後の比較

コロナ流行前の2019年、日本は約3180万人の訪日外国人を記録し、観光収入は約4.81兆円に達していました。
これに対して2020年は国際的な旅行制限の影響で訪日外国人数が大幅に減少し、わずか411万人にまで落ち込みました。

しかし、2023年に入ると、訪日外国人数は徐々に回復し、年間予測では約1000万人が見込まれていますが、これは依然としてパンデミック前の約1/3に留まっています。

これから求められるモノとコト

インバウンド市場の回復と共に、飲食店には新たな顧客層への対応が求められています。
特に、「体験型ダイニング」への需要が高まっており、食事とともに文化体験を求める観光客が増加しています。

実際、日本料理を体験するワークショップに参加する観光客の割合は、2023年に入って20%増加しています。

円安の影響

2023年の日本円は、米ドルに対して約20%の価値下落を見せました。
この円安は外国人観光客の日本での消費を促進しており、特に高級レストランやユニークな食体験を提供する施設への支出が増加しています。
具体的には、外国人観光客による一人当たりの平均飲食支出が、パンデミック前に比べて約30%増加しています。

まとめ

コロナウイルス流行後のインバウンド市場は、飲食店にとって未だ多くの挑戦を残しつつも、多大な機会を提供しています。

観光客の構成や消費行動の変化に適応し、新たなニーズに応えることがこれからの成功への鍵となります。
飲食店は、地域の食材を活用したメニューや、文化体験を組み込んだサービスを強化することで、これらの機会を最大限に活かすことが期待されています。

株式会社Chef’s Roomでは飲食店のコンサルティングサービスを提供しております。
飲食店の売上を上げるにはどうすればいいかわからない、飲食店経営にかかる数字が分からない、など一度は悩んだことのある方はぜひ弊社のサービスをご活用ください。

店舗ディレクション及びコンサルティングサービスの概要はこちら

お問い合わせは当ページのフォーム、もしくは公式ラインからでもお気軽にご連絡ください。

公式ラインはこちら


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です